ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

最新情報

9/23 「ショパンの国 ポーランド」

ショパン生誕200年記念「ショパンの国 ポーランド」

日時:2010年9月23日(祝・木) 13:00-19:00
会場:高槻市立総合市民交流センター8Fイベントホール
内容:13:00-19:00 資料展示
   14:00-15:30 講座「ポーランドの民族舞踊」
   17:00-19:00 コンサート「ショパンへの道」vol.14
主催:ムジカ工房
後援:ちえの輪倶楽部

■ショパン生誕200年を記念したこのイベントに、ちえの輪倶楽部のメンバーで年表の展示やポーランドのお菓子の試食会を行い、参加しました。

13:00~ 資料展示
写真
ホール前のロビーに、資料展示ブースを設置。「ショパンへの道」コンサート第1回~13回までに展示されてきた資料を、解説など新たに手を加えて一挙公開。加えて、今まで展示できなかった数多くの自筆譜、初版楽譜のコピーを展示。
※展示:ムジカ工房

写真
また、ポーランドの民芸品(切り絵やクリスマスの飾り)の販売や、民族衣装の展示、ポーランドのおやつ「ポンチキ」(ポーランド風揚げドーナツ)の試食など、ポーランドの文化に触れられるコーナーなども設置し、ロビーはたくさんのお客さんで賑わいました。
※販売協力:有限会社ニッポ
※試食会:ちえの輪倶楽部

14:00~ 講座「ポーランド民族舞踊」
写真
ポーランドの民族舞曲についてのレクチャー、ポーランド人講師による、ポロネーズの講習、日本人で結成されたポーランド民族舞踊グループ"ヴィスワ"が民族衣装をまとっての「ポロネーズ」と「クラコヴィアーク」の実演。実際に目で見て、聴いて、体で感じて...心踊る講座となりました。
※講師:北村智恵 特別講師:ポーランド民族舞踊グループ「ヴィスワ」

17:00~ ショパンレクチャーコンサート「ショパンへの道」vol.14。
今回は、ショパンが生涯にわたって書き続けた「マズルカ」。ショパン生誕200年の今年、記念イベントがたくさん開催される中でも、全曲「マズルカ」のコンサートは珍しいのではないでしょうか。「マズール」「オベレク」「クヤヴィアク」の踊りを総称して「マズルカ」と言いますが、それぞれの踊りの特徴を、まず初めにビデオを使ってレクチャーが行なわれ、その後、作曲年代の早い作品から順に、演奏されました。林佳勲氏の美しく繊細で憂いを帯びた音色は、ショパンの望郷への思いを感じさせました。
※講師:北村智恵 ピアノ:林佳勲(Lin Jiaxun)



次の記事→12/22 東京セミナー

MENU

ページのトップへ戻る