ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

最新情報

1/27 コンサート終了しました

1/27「親と子のための ニューイヤー ピアノコンサート」が終了いたしました。
たくさんの方にご来場いただき、満席となりました。
ありがとうございました。
感想が届いていますので、ご紹介いたします。

 親と子のためのニューイヤーコンサートが終わりました。2歳の赤ちゃんから、お孫さんときたおばあちゃんまで、満員のホールで、たくさんの曲とちえ先生のお話を2時間みっちり聴きました。「エリーゼのために」や「乙女の祈り」など、よく知っている曲、また、子どものときに弾いたことのある曲もたくさんありましたが、私自身が思い違いをして、作曲家が意図した音楽とは違う表現をしていたことの多さを知りました。聴き覚えで楽譜にないことをしていたり、作曲者が書いたことと違うことが書かれて出版されたことが今では明らかになっているのに、それを知らずに演奏していたということもありました。たとえば、「エリーゼのために」は、私が持っている楽譜では冒頭にcon moto(動きをもって)と書かれているのですが、ベートーヴェンの草稿には、molto grazioso(きわめて優雅に)と書かれていたことが今日ではわかっています。今日の演奏は、きわめてエレガントに、よく聴くテンポより少し遅めに演奏され、まるで違う曲のようでした。それからミがレにという風に音が変わっているところもありました。「私はこう習ったから。こう弾いたから。」「みんな(ピアニストたち)がこう弾いているから」でなく、新しいことが研究者によって発見されればより正しいものに訂正する姿勢、そして、新しい研究成果を見逃さないように勉強しているちえ先生に、本当の教育者の姿を見ました。
 子どもたちにはよい演奏を聴く機会となり、大人の方にはCDのように弾くのが演奏の目的ではないと感じてもらい、そして私自身は勉強することの大切さを教えてもらうコンサートとなりました。演奏者のみなさま、ちえ先生、ありがとうございました。(奈良県 M.M)




前の記事→1/27 コンサートチケット完売いたしました
次の記事→5/29 第12回ちえの輪倶楽部総会

MENU

ページのトップへ戻る