ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

会員レポート

ムジカ工房主催「第3回希望コンサートみんなの音楽」

2007年7月15日

近所の子どもたちと作った 「ちそく谷合奏団」
手づくり楽器で地元の小唄
 『ちそく谷』というのは兵庫県篠山市の私が住む谷の名前です。私がここに生後1ヶ月の娘を連れて引っ越してきた当初から、珍しそうに(インターホンを押す事もなく!)毎日毎日我が家を訪問する子ども達と合奏団を作ろう、と思ったのは8年前でした。
 「おばちゃんち、いっぱい楽器あるなぁ。触っていい?」「合奏団の集金いくら?」「おかあさんが、合奏なんかしに毎日行ったらあかんって言うねん。だから来てる事内緒にしといてな。」
 大阪の都会育ちの私は子ども達の言葉に絶句し、それでも音楽をやりたい!という素直な気持ちに心を打たれました。「お金はいらんし、また来ていいよ。お母さんは心配なだけやから、ちゃんとお手紙を書いてあげる。」それからも、ほんとに色んな事がありました。何度か小さな演奏会をしましたが、一度も来ない親もあってそんな子は淋しそうでした。
 8年経って、小さい故に音楽を続ける事が困難だった子達はみんな大きくなって忙しくなり、合奏団に来れなくなりました。「ちょっと休団しようか?」という話になった頃、智恵先生から『みんなの音楽』のお話を頂きました。出られるメンバーで、今出来ることをやればいいから、とみんなを励まして今回出演させて頂きました。昨年、みんなで作った三味線で、今は殆んど地元で忘れられた「篠山小唄」等を歌いました。予期せぬ台風上陸にもかかわらず来てくださったお客様の沢山の拍手、日下部先生や智恵先生の心あるお言葉...。他の出演者の方々の音楽に対する真剣さ。メンバーみんなの心に響いたと思います。
 ありがとうございました。
(兵庫県篠山市 I.R.)




前の記事→ムジカ工房主催「ショパンへの道」vol.8「ショパンのパリ」
次の記事→第7回ちえの輪セミナー「レントラーからワルツへ」

MENU

ページのトップへ戻る