ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

会員レポート

第36回「リトルピアニストのつどい」&ムジカ工房主催「第4回希望コンサートみんなの音楽」

2008年7月20日・21日

ちえ先生のピアノ教室の発表会である「リトルピアニストのつどい」が、7月21日、大阪で開かれた。毎年全国からピアノ指導者が、先生のゼミや著書でおっしゃっていることを自分の目で、耳で実感したくて、多数聴きに来られる。今年初めて聴きに来られた会員の方に感想をお聞きした。また、前日行われた「みんなの音楽」に参加した、ちえの輪倶楽部のリコーダー演奏のレポートもいただいた。

リトルピアニストのつどい

 東京のセミナーで発表会についての講座を受けた時、一度実際にリトルピアニストのつどいを聴かせて頂きたいと思っていました。
 最初の独奏の部は、7人位ずつで3つのブロックに分けられており、間に5分の休憩がありました。このような細やかな心遣いによってか、客席はとても静かに演奏に聴き入っていました。そして、生徒さんたちの演奏は、どの方ものびやかで説得力があり素敵でした。おじぎ等の舞台マナーもしっかりしていてその姿はとても美しかったです。
 後半の合わせものでは、色々な編成のものが集められ、誰でも知っている名曲から、佐藤敏直、キュイ等の作品まで、様々な曲が次々に演奏され楽しかったです。合わせものをするにあたって自分に与えられた曲だけを練習してきたのではなく、室内楽を聴いたりもして、一年かけて取り組んでこられたのだそうです。きっとこんな経験を積んだ生徒さんは、独奏の音色も、より豊かになるでしょうし、ピアノだけでなく、色々な種類の音楽を幅広く愛する人になると思います。
 最後の全員合唱は、出演者の方はもちろん、客席もまきこんでの大合唱でした。子供達は楽しそうに無邪気に歌い、大人達はしみじみ歌い、ほのぼのとした空気に会場が包まれました。発表会というよりも、音楽はいいなぁと、人と共に在ることの幸せを感じさせてくれる音楽会でした。
(東京都世田谷区 N.A.)

みんなの音楽に出演して

 この度「みんなの音楽」コンサートに、ちえの輪倶楽部の方々とリコーダーアンサンブルで参加して、様々な体験を通して沢山のことを教わりました。限られた練習時間の中で、今の私達ができる精一杯の音楽を奏でたいと10名が共に励まし合ってがんばった4ヶ月間でした。シンプルで素朴な音色が持ち味のリコーダーは、微妙な息の入れ具合で大きく音程や音色が変わる為、耳を研ぎ澄ましてお互いの音を聴きあうところから始めました。
 智恵先生からよく御指導いただく「自分の音を聴く」ことがどれ程大切であるかを今まで以上に実感しました。また、周りの息づかいを感じつつフレージングや曲想を合わせることで、一人では表現できないハーモニーの広がりを楽しむことができました。本番のステージでは緊張に震える指を抑えつつ、心を込めて演奏しました。同じ目的に向かって音楽を皆で作り上げるアンサンブルの醍醐味を味わえたことは、私自身大きな収穫でした。
 今回の経験は私の職場である高校の授業でのリコーダー指導にも大変役立ち、譜面通りに吹くことのみの指導方法から、実体験で学んだ演奏技法や曲想の表現など具体的な指導に変わり、生徒たちもすぐに生き生きとした音楽として返してくれた時は驚きでした。
 リコーダーという楽器に触れ、基本的な奏法をはじめ、ピアノでは味わえない新鮮な音楽体験ができ、なにより音楽を作り上げる愉しさを共有できた、ステキなピアノの先生方との出会いに、感謝で一杯です。ありがとうございました。
(大阪府大阪市 O.Y.)




前の記事→北村智恵・講座「ピアノ指導者ゼミナール研究課程」
次の記事→シルバーエイジの今からピアニスト「第6回発表会」

MENU

ページのトップへ戻る