ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

バイエル43番の生徒を引き継いだが・・

 3歳からピアノを習い始めて一年半経ったSちゃんのレッスンを途中から引き受けることになりました。すでに終了したバイエル上巻から数曲演奏してくれましたが、どの曲も表情に乏しく、テンポの不安定さやつっかえ弾きの多さが気になりました。お母さんによると、楽譜通り弾けたら次へ進んできたとのこと。ピーターラビットの1巻を是非レッスンで使いたいと思いました。持参してきたバイエル下巻とは一見しただけで音数の少ないシンプルな楽譜です。勇気を出して、Sちゃんに今何が必要か、お母さんに私の思いを伝えてテキストを変更することを理解して頂きました。毎回のレッスンの様子、一ヶ月の変化や成長などはその後も伝え続けています。
 習い始めから経験していれば戸惑うこともなかったヘ音記号や、固定ポジションにとらわれない柔軟な指使いなどはSちゃんにとっては初めての経験でした。少しずつ慣れていき、弾くことに必死にならなくてよいので音を聴き楽しむ余裕が出てきました。題名や挿絵で、音を出す前からイメージが広がります。生徒と話をしたり、時には身体を動かして、イメージを具体的なものにしていきました。いばって歩く時とぴょんぴょんジャンプする時、そっと歩く時、動きが違えばそれぞれ求める音が違うということを体感し、音に変化が出てきました。内気なSちゃんが自分で考えたお話をしながら数曲続けて演奏し、各曲を異なる音質やテンポで弾き分けてくれた時はとても嬉しい瞬間でした。
 会報のQ&Aのコーナーや、会員の友人と続けている、月に一度の勉強会の中で、沢山の貴重なヒントを頂いています。先生の想いがギュッと詰まっているこのメソードを生徒と共に丁寧に歩んでいきたいです。
(奈良県奈良市 F.K.)




前の記事→「音楽とは何か」を考えることの大切さを教えてくれた教材
次の記事→生徒をよく見て 生徒から学ぶ

MENU

ページのトップへ戻る