ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

会員レポート

ちえの輪セミナー特別企画「on Xmas Day」

2009年12月25日

平和への祈りの心
 この日は初めに、イエス=キリストの誕生の物語を、素敵なピアノやリコーダーの演奏、賛美歌合唱を交えながら、 ちえ先生に語っていただきました。そして、それに続いてちえ先生は、ずしりと重い3枚の写真を紹介されました。それは、 おなかをすかせて泣いているアフガニスタンの孤児、国を守るためにと銃を持っている12歳の少年、そして、家が貧しくて 生きていくために炭鉱で働く8歳のブラジルの少年の写真でした。「日本は今平和で、こうしてみんなが幸せにクリスマスを 過ごしているけれど、外国には今でも戦争や貧困が続いているところがあり、両親を亡くしたり、食べるものにも飲む水に さえも不自由したり、人を殺す道具である銃を持って戦っている子どもがいるのです。そんなところでも、キリスト教を 信じる人たちの間では、クリスマスには戦争がお休みになるのですよ。」先生は、そう教えてくださいました。クリスマスとは、 なんて素敵な日なのでしょう。年に一度巡ってくるこの日は、平和というものを考えさせ、祈りの気持ちを起こさせてくれる日 なのですね。ちえ先生は、「メリー・クリスマス」という言葉は、あなた(自分以外の人)が楽しいクリスマスを過ごせますように、 と願う祈りの言葉だとおっしゃいました。そして私たちは、「メリー・クリスマス・トゥ・ユー」という歌を教えていただいて、 みんなで心をこめて歌いました。
 目には見えないことまで考える機会となった「on Xmas Day」。音楽を通して、他者の幸せを願い平和を愛せる人を育てて いきたいと心から思ったのは、私だけではなかったでしょう。
(事務局 H.S.)




前の記事→睦会の活動「つどいに向けて勉強会」
次の記事→第9回ちえの輪倶楽部総会 特別対談「左手のピアノから学ぶもの」

MENU

ページのトップへ戻る