ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

ちえ先生とわたし

はじめてのスランプ

 私は4歳から智恵先生のもとでピアノを習いはじめ、小学校低学年の頃までは、先生のおかげでレッスンも楽しく、順調に?上達していった。ところが小学校4年生の夏頃から新しい曲の譜読みが難しくなり、練習をサボリはじめ、スランプに突入、当然レッスンでも怒られることが多くなっていった。一ヶ月たっても単純な最初の4小節も弾けないままレッスンを受けていたある日、先生は「このまま練習しないでレッスンに来るのなら、一ヶ月ピアノをやめて、本当に自分がピアノを弾きたいのかどうか考えてみなさい。」とおっしゃり、私はレッスンに行けなくなってしまった。そうなってみると、先生や友達には会いたいし、ピアノをこのまま弾けなくなってしまうのは嫌だと思い、その一月間はこれまでに無く熱心に練習した。今まであたり前のようにそばにあった人や物を失って初めて、その大切さに気付くという体験を、その時にしたのだ。そして5年生になった頃に私は音楽を一生の仕事としていく決心をし、音楽高校、大学へと進学し、今につながっている。
 ピアノを教える立場となった今、同じような場面で私は「一度ピアノをやめて自分で考えてみなさい。」と言えるのだろうか?その生徒がピアノを好きな筈だと確信がないとなかなか難しい。智恵先生は私の本心を知っていたし、信頼してくださっていたのだと思う。
 初めてのピアノの先生として智恵先生とめぐり会えたことを本当に感謝している。
(大阪府高槻市 S.M.)




前の記事→ちえ先生と出会って14年
次の記事→信じられる先生に

MENU

ページのトップへ戻る