ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

先へ進むことを急がずに!

 心待ちにしていた「ピーターラビット ピアノの本」が、昨年秋に出版されました。私はちょうど、私の教室に通い始めた小学校1年生の生徒に使うことにしました。彼女はおっとりした感じの生徒で、ピーターラビットの絵本を何冊も読んでおり、大変気に入り、楽しそうにレッスンに通って来ていました。奏法の弾き分けや、テンポの違いによって音楽の表現が変わる事を大事にしながらレッスンを進めました。順調に進んで行っているように思っていました。
 ところが、1巻の終わりの両手の声部をいっしょに弾く所になった途端、「どう弾けば良いのかわからない...。」と言い出し、前へ進まなくなりました。何度も片手ずつ弾いて、それから両手を合わせるようにアドバイスしましたが、それでもいっこうに弾けるようになりませんでした。
 その頃、神戸で2日続きの「ピーターラビット ピアノの本」の講座があり、受講しました。智恵先生は「けっして先へ進むことを急がずに、レッスンして下さい。」と、何度もおっしゃいました。そうなんです。彼女がきちんと理解して弾いているかどうかの私の見極めに、どこかあまい所があったのだと気がつきました。彼女をよく見ていると、音符を覚えてしまい、楽譜を見ずにうろ覚えで弾いていたり、ヘ音記号の譜読みに時間がかかったりしています。もっと、1曲1曲により深く時間をかけるべきでした。
 それからは、リズム変奏やフィードバックをより多く取り入れ、先へ進むことを急がずにレッスンを進めるよう心がけています。「譜読みは少なく、課題は多く」、そのものです。
 この夏の発表会で、彼女は2巻の「しずかな みずうみ」と「みずうみにうつる 月のひかり」の2曲を、とてもやさしく美しい音色で弾いてくれました。
(大阪府茨木市 A.J.)




前の記事→音を楽しむ
次の記事→親子で感動

MENU

ページのトップへ戻る