ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

音楽好きにさせる本

 私が「ピーターラビット ピアノの本」を全曲弾いてみて、まず思ったことは、「この本で練習したら、みんな 音楽好きになるだろう」ということでした。
 今年一年生になるえりなちゃんは、この本で練習を始め、先週「アヒルたちがやってくる」と「アヒルたちが 行ってしまう」をつなげて弾いたところです。この曲では、初めて強弱記号が出てきます。新しい音も出てくる ので、まずそれを確認。ひと通り弾けるようになったところで、私は聞いてみました。
 「あひるが遠くにいたら、えりちゃんに足音が聞こえるかな?」
 「ううん。」
 「じゃあ、どう弾いたらいいと思う?」
 「よわく。」
 「そう。じゃあ、かっこによわくって書ける?」
 一つずつ子どもに聞いて考えさせ、書かせるようにしました。
 えりちゃんは、ゆっくりこつこつやる子で、できるまでに時間がかかります。彼女が考えている間、部屋がシーンとしてしまった時は、私が全部教えたら楽だろうなと何度も思いました。でも、その度に智恵先生の「信じて待つ」という言葉を思い出して、自分に言い聞かせてきました。
 自分で考えた「アヒルたちがやってくる」は、本当に今、えりちゃんの頭の中でアヒルが歩いてるんだろうと 思う演奏でした。
 ピーターラビットの絵は優しく、心が和むようで、子どもも「弾きたい!!」と思うようです。
 これからも、この本を通して、音楽好きな子を育てていきたいと思います。
(奈良県生駒市 O.M.)




前の記事→親子で感動
次の記事→時間をかける楽しみ

MENU

ページのトップへ戻る