ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

時間をかける楽しみ

 新しいテキストを手にした時、ほとんどの場合、「早く○をもらって次に進むこと」が一番大事な事のように、習う子供もその親も又時には教える者(私自身)でさえも、そう思ってしまいます。でも、このピーターラビットピアノの本を使っていると、そういう思いにとらわれず、同じ曲を何回もかけて弾くことを楽しむことができます。
 私が初めてこの本を使ったのは、小1の女の子でしたが、わずか1?3個の音が出てくるだけの段階から、本当に嬉しそうに、タッチ、テンポ、強弱等を変えながら、正に、音楽していました。たったこれだけの音でこんなに楽しく音楽することができるんだ!と、私自身が今さらながら驚き、本当に嬉しくなりました。皆さんご存知のように、この本は譜を読む等、楽典的なことだけでなく、自分の音を聴くこと、いろいろな表現を体験することが初めから要求されています。一見簡単にみえる譜面の中に、しなくてはならない課題が、何と密に含まれていることでしょう。
 1人の生徒に対して、又1つの課題に対して、心して取り組まなければいけない。本を開くたびに思わされています。
(兵庫県神戸市 O.A.)




前の記事→音楽好きにさせる本
次の記事→子ども達の可能性

MENU

ページのトップへ戻る