ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

子ども達の可能性

 東京での智恵先生のセミナーが始まり、それに並行してピーターラビット ピアノの本を使うようになりました。なんと奥深い教材なのでしょう!レッスンの中での子ども達の言葉は、其々にこだわりを持っており、ここまで感じておるのだ・・と教えられることばかりです。
 Kちゃんの弾く『こもりうた』を聴いたNちゃん
 以下、二人の会話(共にピアノ歴6ヶ月・小2)
 N:「Kちゃんのこもりうたは、4小節目と8小節目の音がちがうよ」
   (フレーズ終りの音になっていた)
 K:「だってこうやってうたうじゃ~」
   (だっこの真似をし、薄目を開け顔を傾けてメロディを歌う)
 N:「同じ音が出とるか聴いとらんといかんじゃ~」
   (私が、音色を同じ音にする事と、フレーズ感を出す変化とは違うことを伝えると)
 N:「えぇ~!!じゃあさー『スケートすべり』は、ギュッって止まる音にしたいなぁ~」
 このあと、二人が音にこだわって弾き続けたのはいうまでもありません。
 また別の日、Aちゃん(ピアノ暦5ヶ月・年長)がレッスン室に入るなり・・「ドレドレぴょんぴょんマーチひいとったら、ママがそんなはやく弾いちゃいかんに~ってゆったの・・ナトキンにはこの方が、にあうのに・・。」と今にも泣き出しそうに私にうったえてきた。
 どの子ども達も可能性は限りなく、次はどんな展開になっていくのかとレッスンが毎回ワクワク楽しみです。そして、子ども達に本当の音楽のたのしみかたを伝えることが出来るよう、私自身を高める事が今の最大の課題です。
(長野県長野市 K.Y.)




前の記事→時間をかける楽しみ
次の記事→体験によって身につける

MENU

ページのトップへ戻る