ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

体験によって身につける

 私が子供の頃、私も含めほとんどの子がバイエルを使っていました。私に理解力が足りなかったのか、加線の読み方や臨時記号の意味等々、正しく理解できないまま曲を進め、進む課程や自分の演奏が「何か変」と弾き直しをして意味を理解していました。
 「ピーターラビット ピアノの本」は、新しく出てくる内容は説明があり、頭で理解し、その内容を演奏で体験できること、習った内容が何度も出てくるので、より確実になること、何よりバイエルと違ってどの曲も表情豊かなこと!!何につけても素晴らしい楽譜だと思いました。
 「ピーターラビット ピアノの本」を使っている生徒達は、強弱やテンポなど工夫したら色んな演奏になるね、同じ曲でもみんな音も弾き方も違っていいね、2巻の『春風』は、最後ふんわりするのが好き、等々、どの子も今、自分が弾いている曲も弾き終わった曲も大好きですし、自分より進んでいるお友達の曲も喜んで聴いています。色んな子のキラキラした顔が私は大好きです。
 「ピーターラビット ピアノの本」を通じて、音楽が大好きな子に育てられることと同時に、継続することの大切さ、自分で考え、工夫できる子になってくれたらな、と願います。
 未熟者の私でもできる何かは必ずあるはずなので、私の教室を選んで来てくれ、私に素敵な表情を見せ続けてくれるように、一つ一つのレッスンを大切にし、自分の勉強も頑張り続けたいです。
(大阪府大阪市 K.H.)




前の記事→子ども達の可能性
次の記事→それぞれに合わせたレッスン

MENU

ページのトップへ戻る