ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

それぞれに合わせたレッスン

 「あかんなぁ。もう1週間練習してくるわ!」宿題の曲を弾き終えたR君は、私が何かを言う前に自分でそう言った。以前は「なぁ先生、頼むから合格にして!」が口癖だった。初めからリズム感もあり、指もよく動いた彼は、速く弾けることが上手なことだと思い込んでいて、合格になったらどの曲も必ずprestoで弾くのをやめなかった。ピーターラビット ピアノの本を練習し始めてから、何をどうするべきかの課題が明白に伝わるようになり、合格するかしないかの押し問答は不必要となった。先日、ペダルの説明をしている時、急に弱音ペダルを踏んで1巻の『こもりうた』をゆったりと弾きながら言った。「これは、音も"籠もり"うたやぁ?(彦摩呂さん風)」
 半年前、ピーターラビット ピアノの本からピアノを始めたSさんは「孫(他の教室で習っている)に、こんなん簡単やん、こうやって弾くねん!と、サラッと弾かれてしまって...」と仰って恥ずかしそうにされた。けれども、だんだん1音1音に自信が持てるようになり、お孫さんの弾いたのとは違う感じに曲が仕上がることを不思議で楽しいと思えるようになっていかれた。今では「孫におばあちゃんの本はメッチャ可愛いし、音がステキな曲ばっかりでいいなぁ、って羨ましがられてますねん。」と嬉しそうにされている。
 私の生徒では、いま8人がピーターラビットの本を使っていますが、それぞれに教えたいことが的確に伝えられるという実感が即座に持ててレッスンがとても楽しくなりました。
(大阪府吹田市 H.T.)




前の記事→体験によって身につける
次の記事→音を楽しむ教材

MENU

ページのトップへ戻る