ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

「音楽とは何か」を考えることの大切さを教えてくれた教材

 私は、相愛大学在学中の3回生の時「ピアノ教授法」の授業で智恵先生に出会いました。智恵先生の授業は私にとって衝撃と感動の連続で、最後の授業のときなど半泣きだったことをよく覚えています。その後卒業し、指導者ゼミに通いながら生徒を教えるようになり、この四月より「指導者ゼミ ピアノ・レッスンの本質を問う」に参加しています。
 智恵先生に出会って10年目の今、本当に今さらなのですが、「私はこれまで何を教えていたんだ!」とショックを受けています。親の目を(勝手に)気にしたりして「早く進めなくちゃ」と思い、大切なことがすっかり抜けていました。変わりたいです。まず今の自分の教え方のクセをよく自覚し、その上でまっさらな眼で子どもをじっと見つめてゆくこと・丁寧に繰り返すこと・あらゆる面から音楽をよく勉強し続けること・・・。たっくさん、することがあります。それがわかることができ、今とても嬉しいです。
 今までのこんな私の未熟な教え方にも関わらず「ピーターラビット ピアノの本」を使っている生徒たちは、音楽を感じながらのびのびと育ってくれています。「いばりやさんのまねするわ!」と言ってドシドシ歩いてくれたり「こんなんしてみるわ!」と小鳥の鳴き方で遊んだり。音楽の楽しみ方を、私が教えてもらっています。
 そして、音楽が土台である「ピーターラビット ピアノの本」は、「音楽とは何か」を考えることの大切さを、私に教えてくれました。
(奈良県大和高田市 O.Y.)




前の記事→「ピーターラビット ピアノの本」と別れたくない
次の記事→バイエル43番の生徒を引き継いだが・・

MENU

ページのトップへ戻る