ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

本ものを求めて

 私はあるピアノの発表会を聴きに行った。年齢の小さい順に子供達が次々と登場しプログラムが進んでいったが、私はだんだん聴くのが苦痛になっていった。次こそは、次こそは...と期待したが「音楽」又は「心」が感じられる演奏は全くなかった。
 「ピーターラビットピアノの本」各巻の始めに、智恵先生の言葉で「ピアノを弾くということは心で感じたり想ったりしたことを音で表現することでありその基本と習慣は習い始めのときにこそ身につけるべきこと」とある。私が聴いたその発表会は、智恵先生から学び、生徒に必死に伝えようとしていることとあまりにかけ離れていた。又そのことは、どんなに音の数が少なくても小さい子供でも可能だということを、生徒に教えることでこの本を通して私自身が体験させてもらっている。そしてそれが本当に「音楽」といえるものなのだと思う。私は子供達に本ものを伝えたい!!心からそう思った。
 「ピーターラビットピアノの本」は、あせることなく1つの曲(その課題)を掘り下げて学んでいける。時間をかけて取り組んでいくことが苦痛になるのではなく、近い所に目標を持ちながら楽しく、一歩一歩確実に歩んでいける。どんな子供に対しても、次へのステップが壁として立ちはだかるのではなく自然にそっと寄り添ってくれるような存在なのだ。 この本を使ってレッスンできることを本当に 本当に感謝している。
(兵庫県神戸市 O.A.)




前の記事→実感!最初から音楽する本!
次の記事→「ピーターのたいこ」から学んだこと

MENU

ページのトップへ戻る