ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

「ピーターのたいこ」から学んだこと

 この春まで3年間、研究課程「ピアノレッスンの本質を問う」で、 「ピーターラビットピアノの本」の指導法を学んできました。
 智恵先生からは、色々なことを教えて頂きましたが、私にとっては 1巻の1曲目「ピーターのたいこ」との出会いが一番心に残っています。まず、この曲のページの自分の書き込みの多さに驚いています。(2巻・3巻のどの曲より多いかもしれません)この曲をどのように演奏するかで、これから習うすべての音楽が決まる、と言っても過言ではないと思います。当たり前のことですが、習い始めの重要性を指導者がきちんと理解し、認識してレッスンを進めなければいけないと痛感しています。そしてこの「ピーターのたいこ」から、聴く力(聴き分ける力)を育てることが大切だということを知りました。『自分の弾いている音をよく聴くことが、ピアノを演奏するということ』が、私自身できていなかったことを反省しています。音を聴く力をつけることは、集中力を養うことにも繋がるので、しっかり育てたいと思います。
 ピアノレッスンの本質についての考え方を学ばせて頂き、(私にとっては、まだまだこれからも勉強していかなければなりませんが)これから指導するにあたり、智恵先生が冒頭に"この本は、初めから音楽するメソードです"と書かれていることをゆっくりとかみしめながら、本当に音楽することを求め、生徒と一緒に歩んでゆきたいと思っています。
(大阪府大阪市 M.C.)




前の記事→本ものを求めて
次の記事→まさに救世主!北村先生と本との素晴しい出会い

MENU

ページのトップへ戻る