ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

「急がない・待つこと」

 智恵先生にお会いして約13年。赤ちゃんだった長男も来春中学生になる。最初の5、6年は男の子2人の子育てに追われ、ピーターの本の「指導ポイント」や「ちえ先生のレッスンノート」を頼りに、私流にレッスンをしていた。しかし、3年程前に初めてこの本の講座を受け、まさに"目からウロコ"状態 !! となった。
 「たった1冊でも1曲でも、どれだけ多くの課題をこなせたかで能力がつく」「先生の一筆・一言で子どもの力が随分と変わる」そして何よりも「1巻が一番大切。急がない・待つこと」というお言葉...。様々な想いで作られた先生が直接教えて下さる内容は、とてつもなく深いものだった。とにかく感激し、色々なアレンジ法を知り、帰りには「これは同じ本?」と疑いたくなる位、重くて嬉しいお土産に激変した。
 それからの日々、「じゃあ今度は手を交差して弾いてみよう」と先生伝授の遊び方を披露した時の、6歳児のあの驚いた表情!ヘアピンを使ってシンメトリーで奏でる裏ワザ......。原作者ポターの、そして智恵先生の温かい優しいまなざしが、この本にはたくさんたくさん詰まっていることを改めて感じ、生徒と一緒に学ぶ時間がさらに楽しくなっていった。
 そして、そのうち「びょうきのピーター」になると、ちょっとした流行りができた。その前2ページにあった歌詞が突然消えたのを不思議に思った子が、歌を考えたい、と。
 「病気のピーター、ベッドでねよう、病気のピーター、冷えピタはろう」
 「(母)大丈夫ピーター?(ピ)頭が痛い(母)お薬飲もう(ピ)わかったよお母さん」
 1巻は、楽しんでピアノを続けるために、音楽とは何か?ということを知る最初の大切な窓口。何年後かにこの本を開いた時、楽しく学んだ日々を思い出し、自分の成長を感じる本となっていてほしい。音を楽しむという、素晴らしく、大きな責任を託された者として、「急がない・待つこと」を忘れずにこれからも歩んでいきたい。
(香川県丸亀市 S.Y.)




前の記事→導入から深く楽しくていねいに
次の記事→「夕べのかたらい」一曲の中にも...

MENU

ページのトップへ戻る