ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

使っています!

「智恵先生に出会えて変わりました!」

 これまでに私は、3度、「ピーターラビットピアノの本」のセミナーを受講しました。正直なところ、2度目までは教わったことをなかなかレッスンに反映できず、悩みながら生徒たちと向き合っていましたが、3度目を受けて何かを掴めそうな手ごたえを感じたころ、待ちに待ったピーターラビットの新しい教則本が発売されました。使い始めて2ヶ月ですが、レッスンが劇的に変わり、私自身驚いています。まず第一に私がレッスンしていて楽しいです。生徒との会話も増えました。「今度は、リスにする!」と言って弾いて「ほんと、リスに聴こえるよ、すごいね」と私が言うと「じゃ、これは?」と色々な音域、テンポで弾いて聴かせてくれたり、「今の失敗。もう一回」と納得いくまで何度も弾いています。こんなことは、今までありませんでした。マルカートでは、一人がいばって歩き、もう一人が弾き、「どう?」とお互い聴きあったり、4つのスラー(1巻36~37ページ)をあてっこしたりしていると、レッスンがあっという間です。習い始めて1年近く経つのに、ほとんど笑ったことがなかった生徒が、私がナトキンになって歌いながらステップ踏むのを見て、フッと笑ったり、いつも声が小さく聞きとるのがやっとの生徒は、1巻のお約束を読んでからは、あいさつをハッキリとした口調で言ってくれるようになったりと、私も生徒も変わりました。  まだ2ヶ月ですが、生徒との関わりが増え、一人ひとりと音楽を作り上げている実感があります。そして、今までいかに生徒がイメージを持って弾いていなかったかも気づかされ、最初から音楽することを伝えていなかった私の責任も痛感しています。この教則本に出会えて多くの喜びや感動をもらえました。これからも、私がしっかりと学んで、生徒に本当の意味で音楽することを伝えていきたいです。
(広島県広島市 I.M.)




前の記事→「夕べのかたらい」一曲の中にも...
次の記事→1音ずつ大切に

MENU

ページのトップへ戻る