ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

会員レポート

北村智恵・講座「朝日カルチャーセンター川西講座 シルバーエイジの今からピアニスト」

2002年

 この講座名には高齢者の方々が臆せず憧れていたピアノを習いやすいようにとの智恵先生の願いが込められています。そして新たな試みとして、同時にレッスンを聴講し、『高齢者への配慮ある指導者』を育成することも兼ねています。
 第一回目は知的理解の早い大人の方々なので、音符を正しく読めるようになる楽典の必要なことすべての 説明を一気にされました。私達、指導者が聴いていても「なるほど!」と目からウロコの状態でした。受講された方々も本当に真剣に聴いておられ、皆さん一様に大きく頷かれる場面もしばしば...。でも、もっと皆 さんの心に響いた言葉があったと思います。「ピアノが弾ける事と共に、習ったことをきっかけにして、今までになかった生活、例えばコンサートやオペラなどに足を運ぶとか、出来たらいいですね。そして、音楽 との出会いによって人と出会い、心を行き来させる場になってほしいし、共通の趣味を通して仲間作りができる場であってほしいと思っています。」と、先生は願いを伝えておられました。そして何事も自然で無理 がない状態を作り出す言葉がけと配慮。シンプルでわかりやすく伝わる智恵先生の一言一言とその雰囲気がとても印象に残りました。
 そして、二回目の講座。一ヶ月間練習してきたとは言え、生まれて初めて人前でピアノを弾く方ばかりです。そんな皆さんの心理的負担が少しでも早く軽くなるように、先生は明るくユーモアたっぷりに、初心者 の方が陥りやすい間違いや注意すべき点、皆さんが言いにくい事や訊きにくい事を先に言って下さり、本当に皆さんの安心した雰囲気、先生に引きつけられて行く様子がわかります。緊張しながらも、お一人ずつ「さくらさくら」を奏でられました。どの人も自然で無理のない音で歌うように弾いておられ、その人のこ とが一番良く現れる「素の音」だったと思います。ある方はレッスンが終わった後「ピアニストになったみたい!」とはにかみながらも満面の笑みで言われ、感動しておられました。聴いた私にもその人の一途な思いが伝わり、目頭が熱くなりました。この講座に限らずいつも智恵先生から学ぶべき事は、教えるテクニックやノウハウだけでは無いと思います。これから一年間、受講生の方たち、お一人お一人の成長過程を見守り、同時に私達も成長していきたいと思います。
(兵庫県川西市 M.A.)



次の記事→北村智恵・講座「レパートリーを広げよう」

MENU

ページのトップへ戻る