ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

会員レポート

北村智恵・講座「四手の愉しみ Ⅱ」

2004年

 9月開講のこの講座は、18年前、ちえ先生の生徒さん達が発表会でその初演を飾られたというピアノ絵本チャ イコフスキーの『くるみわり人形』から始まりました。それは、本来コンコーネの『連弾のための15の基礎練習曲』から、と考えておられたのを、敢えて「クリスマスのお話だからその時期に間に合うように」と練習期間をも見込んで下さった、ちえ先生のご配慮による順番でした。実際、既に演奏を予定されている方もおられ、その配慮 がバッチリ的中の開始となりました。
 先生のご指導は、連弾が"一人で弾いていない"という事を如実に感じ取れるものでした。それぞれの演奏技術 だけではなく、共有のポジションでの互いの思いやりや、ページをめくるタイミングの気遣いまでもが、音楽の中 に生かされていきました。また、連弾が"四手"である事を再確認させられる場面が幾度も有りました。四手それ ぞれのバランスの善し悪しで、聴こえてくる音楽やその流れが確実に違ってくるのです。先生のアドバイスで美しいメロディーがより一層引き立つ時、必ず他のパートも調和の取れた音量で奏でられています。そんな演奏に触れ、 講座参加の誰もが自然と笑顔になっていきました。本物の"四手"の音楽を充分に味わい、愉しむ為の「種」を一 杯見つけたような気がします。
 私事ですが、12月の初めに「21日にクリスマス会を兼ねて、地域の方々に楽しんで頂ける連弾の演奏を」というお話が舞い込みました。日数も少ないので、内心は「ギョエ~!?」と悲鳴をあげながらも、外見はいたって冷静に『くるみわり人形』から2曲を抜粋して演奏させていただく事になりました。...と、そういう訳で、ちえ先生の ご配慮が、ここに至って私にもバッチリ的中致しました事を謹んでご報告申し上げます。ありがとうございました。
(大阪府吹田市 H.T.)




前の記事→ちえの輪倶楽部会員 個々の活動
次の記事→北村智恵・講座「指導者ゼミ ピアノを教える人に(2002.4~2004.3)」

MENU

ページのトップへ戻る