ようこそ。ちえの輪倶楽部のWebサイトへ。

「ちえの輪倶楽部」は、音楽教育家・北村智恵を中心とした、ピアノ指導者サークルです。
音楽セミナーやイベント、コンサートを企画・運営、またピアノ指導者のネットワークづくりを行っています。

会員レポート

ちえの輪倶楽部「スポットカルチャー」

2005年

自分を知ることに なった発表会
 昨年のちえの輪倶楽部の総会で、 永田萠さんの絵本「しあわせの季節」に出会ったのがついこの前のことのように思われるのに、今年の総会の案内を先日受け取り、時の過ぎ行く早さを痛感しています。昨年の秋には、ちえの輪倶楽部のスポットカルチャーということで、この永田萠さんの絵本の朗読を智恵先生にお願いし、絵にあった曲を私のピアノ教室の生徒達が順番に連弾するという試みを発表会で行いました。絵本の絵も子供達と一緒に全て作成し、"音を見る、絵を聴く"を体験するべく臨みました。
 が、しかし...智恵先生にはリハーサルの日にまでご指導頂いたのに、発表会本番ではそれが活かされず、スムーズな進行にならなかったことに始まって、結局一つの舞台を作り上げるために必要な細かい配慮と計画性が自分に備わっていないことをはっきりと自覚しました。 このことから、より良く変わっていけるために、またより良いものを作り上げていくためにまずはレッスンにおいて少しずつ心がけていることがあります。挨拶はとにかく大きな声ですること、こちらの話しかけていることに対して、首を振るだけではなくきちんと声に出して答えさせること、グループレッスンで人の演奏を聴くときは静かに聴き、自分が演奏するときは聴いてくれる人たちのほうを必ず見て何を弾くかを伝えること、何よりも聴いてもらうための発表の場であるということを意識してしっかり練習してくること、いけないことはとにかくはっきり注意することなど、当たり前のことではあるのですが、どこかに遠慮があって私自身も徹底させることが出来ていなかったので、自分にも厳しく言いきかせるように努めています。
 そして、今年は例年よりも早く、発表 会で何をするのかを子供達に伝え、一人 一人が参加する意識をしっかり持てるように一緒に準備しようとも考えていますし、その子供達を支える保護者の方たちにもただのおさらい会ではなく、より良いものを作るのだという意識を高めてもらうために、早くから集まってもらい、発表会での役割分担を決めて臨んでいきたいと思っています。
 私は、今回の発表会を行ったことを実の所しばらくの間後悔していました。ピアノを教えることを疑問に思いやめたほうがいいのかもしれないとも思いました。しかし、智恵先生の、否定するのではなく前に向かわせる温かな助言や、ちえの輪倶楽部や周りの方々の励ましにとても助けられ、今では心から発表会をして本当によかったと思えるようになりました。なぜならば、この経験がなかったら変わるための具体策を直ぐに真剣には考えず、「所詮こんなもの」と半ば妥協し、全てを収めていたに違いないからです。ピアノの指導とは自分の生き方がそのまま関わってくる仕事だと痛感すると、これはレッスンだけを変えるのではなく自分の生き方も変えていかなければいけないのだと改めて考えさせられました。
(兵庫県三田市 B.N.)




前の記事→北村智恵・講座「指導者ゼミ 大人のためのピアノレッスン」
次の記事→シルバーエイジの今からピアニスト「第4回発表会」

MENU

ページのトップへ戻る